【旅ブログ】メキシコ|Mosaico

【旅ブログ】メキシコ|Mozaico 2019.07

旅の動機

 

メキシコへ木彫りの民芸品のアレブリヘスを探しに行くため

Episode.1

カリブ海の海藻ビーチ

 

ーーカリブ海ってブルーの美しいイメージですね

Mozaico:私もテレビや写真で見たことのある美しいビーチを想像していたのですが、実際は違いました。ビーチは一面海藻に覆われていて、見渡す限りグレーや茶色のビーチだったんです。とても衝撃的でした。


ーーえ、そうなんですか?季節的なものなんですか?

Mozaico:地球温暖化や地球規模の気候変動の影響により、海の生態バランスが崩れたことが原因で、海藻が大量発生しているらしいです。メキシコ周辺のカリブ海沿岸諸国ではどこでもこの問題が起こっているみたいです。カンクンの大型高級ホテルのプライベートビーチなどはホテルスタッフが一生懸命海藻を取り除いて、ビーチをきれいにしているため、日本にいたときに見ていた綺麗な海とビーチを堪能できます。

ただ、カンクンから離れたトゥルムという街に行ったのですが、そこは個人経営の小規模な宿ばかりで、目の前のビーチを美しく保つための人員がいないため、近くの海はどこも目を瞑りたくなるほど汚かったです。トゥルムは、リビエラマヤと呼ばれるメキシコを代表するリゾート地で、ビーチ沿いのマヤの遺跡が特に有名なのですが、海藻被害のため、観光客が激減し、ホテルも従業員を雇えず、ビーチには海藻がどんどん溜まっていくという悪循環に陥っていました。


ーーなるほど、あの美しい光景は人の手によるものだったのですね。実際に行ってみたいとわからないですね。

Mozaico:私が訪問した2019年は、海藻被害が一番ひどかったようですが、最近はひと段落したようです。ただ、環境は常に変化するので今後どうなるかはわかりません。

テレビ等でカリブ海が映る時も、海藻の現状が気になってしまいます。地球の気候変動や温暖化はその街に住む人たちが引き起こしたわけでなく、世界中の人たちが関わっているのだから、こんな現実もある事を、多くの人に知って欲しいなと思いました。でも、それは実際に現地に行き、砂浜に打ち上げられた海藻を見て、発せられる悪臭を嗅いで、辺りを飛ぶハエを鬱陶しく思って初めてわかることなのかなとも思いました。


Episode.2

ガイドブックにはない最高の場所

 

ーーメキシコではどのような場所を旅されたんですか?

Mozaico;特に印象に残っているのは、バカラルという場所です。旅人に勧められて知った地で、自分だけでは決して見つけることのできなかったであろう穴場的スポットを見つけることができました。


ーーそんな瞬間ってすごく嬉しいですよね!どんな場所だったんですか?

Mozaico:7色のラグーンです!


ーーラグーンって何ですか??

Mozaico:淡水の潟で、泳げる湖です。海藻被害のひどいカリブ海の海岸とは対照的に、こちらはとても美しい光景でした。そこはガイドブックにも載っていない場所で、そんな場所を見つけられただけでも嬉しかったのですが、その水に浸かると言葉にできないくらいの心地よさで、本当にここは天国なのかと思うほどでした笑。

他にもセノーテという天然の泉みたいなところがあるのですが、とても大きくてそこでも泳ぐこともできました。このバカラルのセノーテ近辺には、酸素を生み出す、古代からの石が今も生きていて、美しい自然環境を守るために自然のもの以外を水に入れることが許されていないんです。そうやって、目の前の利益などだけを考えることなく、美しい地球を守っていこうとする地元の人たちの思いには感動しました。

 

Episode.3

何百年も続く呪術教会

 

ーーまだまだ、メキシコには面白いところがありそうですね!

Mozaico:チアパス州のサンファンチャムラという村には独特な祈祷が行われている教会があると聞いたのでそこにも訪れたのですが、とても衝撃的でした。その村はメキシコの中でもアクセスが特に悪く、先住民の方が多く住む場所のためか、昔からの伝統などが今でも残っているんです。実際に教会を訪れてみたのですが、外から見ると一見普通の教会で、ただ中に入った途端ゾクっとしましたね。


ーーなんか、ちょっと怖い・・・笑。

Mozaico:教会の中は蝋燭の炎と煙でぼんやり薄暗く、床には松の葉が敷き詰められていました。松の葉だらけの床に跪いて何かを唱える人たちがいて、祈祷の儀式には生卵や、祈りごとの内容によっては生きた鶏なんかも使うんだそうです。まさに生贄です。あ、あとコーラなどの炭酸飲料も使われてました!


ーーコーラって美味しいだけじゃないんですね。笑

Mozaico:トゲトゲの松の葉が地面に敷き詰められていて、お祈りの蝋燭の煙で中はもくもく状態。頭を擦り付けてお祈りしている人や、生卵を叩きつけて割ったり、これもお祈りの儀式。さらにコーラを口に入れたシャーマンみたいな人がそれを吹きかけまくる。衝撃すぎました。それと同時に、でもメキシコ面白い!と心から感じましたね。そんな内部は撮影厳禁で、カメラや携帯を出しただけでも、かなり厳しく注意されます。


ーーなかなか知ることすらできない世界を体験されたのはとても羨ましいです!

Mozaico:何百年も前に侵略されたのに、この現代でも、はるか昔から続く民族の独自の文化を守っているってすごいなと改めて思いましたね。なんとなく想像できることばかりだった旅の日々に、予想外の体験ができました。行かないとわからないことだし、絶対にツアーでは行かないとこなので、本当に行けてよかったです!


旅人プロフィール

mozaico

学生時代に一人旅の楽しさにはまり、その後様々なスタイルで旅を楽しみ生活を送っています。でも、やっぱり自由気ままな一人旅が一番好きです。最近は多くの場所を訪れるよりも、気に入った街に長めに滞在し、その街を心ゆくまで満喫する旅が増えました。きっとおばあちゃんになっても旅を続けていると思います。

私にとって旅とは

“好奇心を刺激し、視野を広げ、日常生活にプラスの変化をもらたすもの”

 

旅は非日常です。それゆえ、普段では体験できないようなハプニングや感動を与えてくれます。マンネリした日々の生活に冒険心と好奇心を与えてくれる、なくてはならないものです。そんな旅をしていると、気づきも多く、その気づきがきっかけで、自分なりの考えが生まれます。日々のニュースへの見方が変わったり、新たな価値観が芽生えたりと、結果として日常生活にプラスの変化をもたらしてくれます。

コメントを残す

コメントの掲載には承認が必要です。

カート

カートは空です