【旅ブログ】中国|Shogo

【旅ブログ】中国|Shogo

旅の動機

 

富士山よりも高く、またその名前が学生時代に好きだったチャットモンチーの名曲”シャングリラ”だったから。

Episode.1

スニーカーと氷山

 

ーーシャングリラって中国の地名だったんですね。

Shogo:比較的最近、改名したみたいです。5000m級の山がたくさんあるんですけど、その名の通り理想郷でした!ただ、ベストシーズンは夏みたいで、冬は閑散期で人はあまりいませんでしたね。というのも、冬はめちゃくちゃ寒くて、山の斜面は凍ってるんで普通の人が登るのには色々装備が必要みたいなんですよ。そんなのあまり調べず行ったので、普通のスニーカーで行っちゃいました笑


ーー無事登れたんですか?ひとりですよね?

Shogo:なんとか。山の麓で現地のお兄ちゃんが「ガイドするよー」って声かけてきたのでお願いして、2人で登りました。正直、自然の中で育ってスポーツもやっていたので山登りには自信あったんですがなかなか大変でした。高山病で頭が痛くなったのもありますが、何より大変だったのが場所によって地面が凍っててツルツルなんですよ。他の人見たら滑らないようにみんな靴に金具つけて、杖みたいの持って、、、僕はスニーカーですからね。ガイドのお兄ちゃんガイドのくせに1人でピョンピョン行っちゃうんで、四つん這いになりながらなんとか登ったって感じですね。


ーーそれ相当危ないですね笑

Shogo:まぁ、それはそれで楽しかったです笑。やっと登り切ったんですが、最高でした!初めて山登りで感動しました。絶景と達成感と、完全にハマっちゃいましたね。また行きたいです、冬山!


Episode.2

最高のインスタントラーメン

 

ーーシャングリラの料理はどんなものがあるんですか?

Shogo:記憶に残ってるのはインスタントラーメンと松茸です。山から降りたら、すっかり仲良くなったガイドのお兄ちゃんが「腹減った?飯ご馳走するよ」って言ってくれて、小屋みたいなところで何食べれるんだろうと楽しみにしていたら、インスタントラーメン、空の2Lペットボトル、枝を1本どうぞって。訳わからず見ていたらペットボトルを半分に切って、その中にラーメンとお湯を入れ、枝で食べるってことだったんですけど、これが涙が出るほどうまかったんですよ!


ーーそれ、登山の疲れも吹っ飛びそうですね!

Shogo:あれは人生一のラーメンですね。あとは、松茸も食べました。街の中を歩いていて適当に見つけた飯屋に入ったんですけど、そこで松茸鍋ってのを見つけて頼んだんですよ。それで出てきた鍋開けたらめっちゃ松茸でした!値段も高くなかったんで、上に数枚うすーいのがくらいに思ってたんですけど、何本分も大量に入ってて、香りというか肉を楽しむ感じでしたね。なんかありがたみが全然感じられなかったです笑。

 

Episode.3

最高のカップラーメン

 

ーーまたラーメンですか?笑

Shogo:シャングリラは他にもたくさん美味しい現地料理ありますから笑。最終日、特に気温が低くて大雪だったんです。帰るために空港に車で向かってたら、スリップして車が動かなくなったり色々トラブルがあり、チェックイン間に合うかどうかってくらいだったんですが、雪の影響で飛行機も遅れてて、結局空港で2時間くらい待たなくちゃいけなくなったんです。


ーーとりあえず間に合ってよかったですね。

Shogo:はい。ただ、そこの空港がすっごく寒いんです。暖房ない上に外気がすごく入ってくる。小さな空港でなんのお店もないんで、椅子に座ってるしかないんですが、とにかく寒い。セルフ給湯器があったので、紙コップにお湯入れて、それを持ってひたすらまだかまだかと待っていたんですけど、もう限界だと思っていたら航空会社がカップラーメン配り始めたんです。何種類かあったんですけど、とにかく辛そうなやつを選んで、食べました。もう、最高でしたね。最後の一滴まで飲み干しました。食べ終わって少ししたらまた寒くなったんですが、ラーメンを食べてる時間は本当に幸せでした笑。


旅人プロフィール

Shogo

 東京都の村出身。日本とは違う世界があることをテレビで知り、海外に興味を持つ。旅や留学を通して海外のおもしろさを実感。大学卒業後は日本で就職するが、もっと色々な世界を見たいと、上海の現地会社に転職。

 

 

 

 

私にとって旅とは

“常に好奇心を満たしてくれるもの”

 

大学生の時、子供の頃は毎日わくわくしていたが、いつの間にか何に対しても感動していなくなっていたことに気づきました。なんでだろうと考えたら、それは同じ毎日の繰り返しで、新しい体験をしていないからだという結論に至りました。そして、非日常を求め海外に行ってみたら、ものすごくドキドキわくわくする体験ばかりだったんです。

もちろん、言葉も通じなければ全く考え方の違う人々とがいる場所では、ハプニングもたくさんあります。でも、何が起こるかわからないからこそ楽しいと思うんです。予定通りおいしいレストランに行って食べる料理の味は予想通りのことが多いです。しかし、お腹が減ってたまたま見つけた汚い街の食堂で食べる料理はきっと予想通りの味ではないです。もちろん悪い方に転ぶこともありますが(笑)。

とにかく、常に何が起こるかわからない旅の時間は、子供の頃のように世界に対して好奇心を掻き立て、常にわくわくしていられます。旅のある人生はとても楽しいです。

コメントを残す

コメントの掲載には承認が必要です。

カート

カートは空です