【旅ブログ】ブルネイ|Lena

【旅ブログ】ブルネイ|Lena

旅の動機

 

ブルネイは他の東南アジアと雰囲気が違い気になっていたので、近くの国(マレーシア、シンガポール)に行く事ということもあって行き先に選びました。

Episode.1

最高の異国情緒

 

ーーブルネイの名前は聞いたことあっても、詳しくは知らない人って結構多いですよね。場所はマレーシアの近くなんですか。

Lena:はい、マレーシアと陸続きの島国なんです。私も元々はよく知りませんでした笑。マレーシアとシンガポールへの旅を予定していて、その時にたまたますぐ近くにブルネイがあることを知り、立ち寄ってみることにしたんです。


ーー実際に行ってみてどんな国でしたか。

Lena:天然ガスなどの資源が豊富なので、国自体がとても潤ってる印象を受けました。医療費や教育費も基本的に全て無料で、所得税もないみたいです。


ーーそうなんですか!外資企業なんかもたくさん入ってきそうですね。

Lena:ただ、国民の所得が高く、ほとんどが車持ちなので、公共の交通機関がほとんど存在していないに近い状態でした。旅人にとっては不便でした。


ーーちょっと調べたら、タクシーも全国に40台しか走ってないみたいですね。

Lena:そういえば、タクシー全然見ませんでした笑。空港にも1台もいないです。


ーー観光地としてはどういったところがあるのでしょうか。

Lena:アザーンというお祈りの時間に流れる呼びかけがあるのですが、それを聞きながら見る夕方のモスクは異国情緒があふれ、とても感動的でした。昼間にみるモスクとは全く違う姿になり、ブルネイに行ったら絶対に見て欲しい光景です。


Episode.2

水上集落≠貧困

 

ーー水上集落も行かれたんですね。どうでしたか。

Lena:初め、水上で生活している人々は、漁業をしながらのんびりその日暮らしをしている、どちらかといえば経済的に貧しい人々なのかなと想像していました。でも、ブルネイの水上集落は想像していたよりも小綺麗でした。話を聞いてみると、彼らは貧しさから水上での生活を強いられているわけではなく、そこが好きだから自ら選んで住んでいるとのことでした。


ーー自分たちで選んで生きているって、それこそが本当の豊かさのような気がしますね。

Lena:国から住宅を無償で提供されても、それを断り水上に住み続けているらしく、なんだか見ていても幸せそうに思えました。


ーーボートなんかにも乗ったんですか。

Lena:はい、たまたまボート乗り場で知り合ったバングラディッシュ出身の旅人とボートを借りて乗りました。ブルネイには豊かな熱帯雨林が広がっていて、ボートでジャングル探索出来ます。


ーー鼻が天狗みたいに長いことで知られるテングザルが生息しているそうですが、ジャングルで見ましたか?笑

Lena:私は見れなかったです。マングローブの奥地に行かないと遭遇する確率は低いようで、そこまでは行く時間がありませんでした。ブルネイは日本では見ることのできない自然の風景も楽しむことができます。

 

Episode.3

ドキドキの個人タクシー

 

ーーブルネイの旅で、何かトラブルはありましたか。

Lena:ブルネイの街中から2泊目のホテルに向かおうと思ったのですが、たまたまお祈りの時間で、バスもタクシーも動いていませんでした。


ーーどうしたんですか。

Lena:どうしようかなと思っていたら、何回か個タクっぽい人から「自分の車に乗らないか」と声をかけられましたが断っていました。 少し経ってイスラム教徒の真っ白な正装でピシっとした一人の男性が「自分の車に乗らないか?」と声をかけてきました。ちょっと怪しいなと初めは疑ってしまったのですが、車には制服を着た小綺麗な子どもが4人ほど乗っていたこともあり、このまま移動も何もできないのも困ると思って、乗せてもらうことにしました。 はじめは順調に進んでいたのですが、途中で突然止まり、友達の車に乗り換えてくれと言われたんです。


ーーそれは不安になりますね。

Lena:はい、でも乗せてくれた人は子ども連れのいい人だったし、このままここで野宿するわけにもいかないので別の車に一人乗り込みました。結果、無事にホテルまで連れて行ってもらえたのですが、ちょっとドキドキした体験でした。


ーーそうですよね。そういう場合結果として、ほとんどが親切ないい人ですけど、女性一人の場合はちょっと気をつけたほうがいいかもしれないですね。

Lena:そうですね笑。ブルネイくらい安心感のある場所じゃなかったら、時間がかかっても別の手段で移動したと思います。その次の日も同じ人(最終的にホテルまで連れて行ってくれた人)にタクシーをお願いしました。


ーーホテルはどうでしたか?

Lena:ブルネイには世界に2つしかない7つ星ホテルがあるのですが、今回の旅ではちょっぴり贅沢してそこに泊まりました!贅沢と言っても1泊2万円ほどで、ドバイにあるもう一つの7つ星ホテルは1泊10万円以上するので、とてもリーズナブルだと思います。部屋やサービスはもちろんですけど、ホテルの敷地がとっても広くて、1日中ホテルにいても飽きないので、ブルネイに行った際には7つ星ホテルを体験してみてもいいかもしれません!


旅人プロフィール

Lena

初海外であまりにもいろんなことが日本と違って衝撃を受け、普段の当たり前に縛られなくていい感じがすごく楽しくて旅が大好きになり旅人になりました。

私にとって旅とは

“世界の広さ、美しさ、面白さを実感できる”

 

実際に旅に出ると世界の面白さを体感することが多く、様々な事に触れて 広い視野を持っていたいという想いがあります。絶景や古い街並みなど、その場所ならではの景色は写真で見ても綺麗なんですけど、実際に行くと写真では感じられない心に響くモノがあるんです。様々な文化や人々に触れるのも興味深くて、これからも旅を続けていきたいです。

コメントを残す

コメントの掲載には承認が必要です。

カート

カートは空です