【旅ブログ】インド|Hiroki

【旅ブログ】インド|Hiroki

旅の動機

 

物価が安く、周りの人が行ったことのない国を探していた。インドの印象はカレーとタージマハールだけ。不安とワクワクな気持ちを抱きつつ、何も計画せず、ひとまず飛んで行ってみた。

Episode.1

タクシーとドアなしホテル

ーーインドのタクシーって色々起こりそうですよね(笑) 

Hiroki:はい、想像を大きく超えました(笑)。初日深夜にインドの空港に着いたのですが、ホテルは予約してなかったので、ひとまず駅で一晩過ごそうと思いタクシーに乗りました。


ーー初インドで初日野宿ってなかなかの勇気ですね。

Hiroki:それが最悪な夜の、そして結果的に最高のインド旅行の始まりでしたね(笑)。ちょっとぼったくられるかなーなんて思いながらタクシー乗ってたんですけど、いきなり古びたマンションの前で停まって、着いたよって。どう物事を寛容に捉えようとしても駅には見えなかったんですけど、“駅は夜中だから閉まっている。ここは危ないから俺の知ってるホテルに泊まった方がいい“って言われて。それで僕もふざけるな!って口論になったんですけど、いきなりタクシーの窓を運転手が開けて、そしたら窓から人が入ってきて僕の荷物を奪おうとしてきて、もう訳わかんなくて必死でリュックを抱えながら、運転手に“gogogogo“と。  


ーーそれやばい・・・、相当焦ったんじゃないですか?

Hiroki:マジで怖かったです。本当終わったと思いました。その後呆然とタクシー乗ってるとホテル到着して、もう疲れと恐怖であとは言われるがままにチェックインしました。


ーーホテルはどんなとこだったんですか?

Hiroki:汚いとかそんなことはどうでもよかったんですけど、部屋にドアがなかったんですよ、ハハハ(笑)


ーーいや、笑えない(笑)

Hiroki:一睡もできずに、さらにそのホテル10万円請求されましたからね。所持金なくなりましたよ。


ーーインド初日、なかなかのスタートですね

Hiroki:底辺スタートなんで、あとは上がるだけですよね(笑)次の日から全部がいい思い出に感じます(笑)


Episode.2

アタンとの出会い

 

ーーあんなことがあったのによくまたタクシーに乗れましたね。

Hiroki:乗るしかなかったという感じ。というのも2日目の朝自分がどこにいるのか全くわからなかったんですよ、地図もネットもなかったので・・・(笑)それで、ホテルの前に停まっていたタクシーに乗ったらその運転手が“なんでこんなホテルに泊まったんだ、ここのホテルは最悪だ”って言ってきて、昨晩の出来事とかお金なくて困ってるってことを話したんです。そうしたら“一緒に知り合いがやっている旅行会社に行かないか?”と言われたんですよ。


ーー相当疑ったんじゃないですか?

Hiroki:そうですね、前日タクシー運転手に騙されたばかりだったので流石にめちゃめちゃ疑いましたね。でも、さっきも言った通り本当に何も情報がない状況だったのでとりあえず話だけ聞きに行くことにしました。お金も盗られて身軽になった分、大胆になれたのかもしれませんね(笑) それで、現地の旅行会社に着くと、旅行会社の人にそのタクシー運転手(名前はアタン)と5日間旅に出てはどうか?”と言われて、5日間の費用は所持金でギリギリ足りそうだったんですけど、インドのあとそのままタイに行く予定だったのでそのお金は無くなるなーって悩んだんですよね。


ーータクシードライバープライベートツアーですか。

Hiroki:はい、普通は行けない観光地にも行けるって言われて、お金の心配もあったんですが行かなかったら後悔する気がして、アタンと旅に出ることを決めました。結果、この判断がインド旅を最高のものにしてくれました。


Episode.3

アタンの村

 

ーーやっと旅らしくなってきた感じですかね

Hiroki:はい、インドの庶民が集まる市場でご飯食べたり、ラクダに乗ったり、とにかく毎日が初めての体験ばかりでした。なにより印象に残っているのはアタンの生まれた村に行った事ですね。その村は道も舗装されていないし、電気も通っていないんです。大体50人くらいの人が住む小さな村です。村に着くと村長が、自分のためにカレー、ナン、あとコーラをご馳走してくれました。”コーラ1本はこの村の人達にとって本当に高価な物”だと村長は僕に教えてくれました。“ホスピタリティー、お客さんをもてなすのは礼儀だ”って。


ーーただの突然来た旅人にですもんね。

Hiroki:はい、ここで飲んだコーラとカレーは、一生忘れないと思いますね。その後、外国人が村に来たってことで村の子供達が集まって来たんですけど、アタンに”この子達は何歳なの?”と聞いたら”この子供は自分の年は分からない”と言われたんです。 その村には学校も無く、教育といえば村の大人が家に子供を集めて、たまに授業を行うくらいらしいんですよ。言葉が通じないので身振り手振りでコミュニケーションとりながら子供達と遊んでたんですけど、写真でも撮ろうかなと思ってカメラを取り出したら、子供達はすっごく不思議そうにしてるんですよ。その、日本のカメラは最新だねー、とかってレベルではなく、100年くらい未来にタイムスリップした感じで。


ーーカメラ自体が初めてなんですね

Hiroki:そうなんですよ。だから撮影した自分の姿が、デジカメのモニターに映っていることなんて理解はできないけど、すごく喜んでいました。そんな姿見てたら、なんか僕も嬉しくなってきて、村人全員の写真を撮ることにしたんです。この村は“日本で当たり前だと思っている事が、世界では当たり前じゃない事が、まだまだたくさんある”ってことを教えてくれました。同時に、知らないことを知るってことは人間誰しもに共通する喜びなんだなって思いました。

 


旅人プロフィール

Hiroki

埼玉県出身。大学時代、なんかかっこいいという理由からひとりでタイへ旅に出る。普段自分が生きている世界とは全く違うものがあることを知り、旅の楽しさを知る。もっと色々な世界を見たいと、大学4年のとき就職活動はせず上海に1年留学し、そのまま上海の現地会社に就職。休みを利用して旅に行く生活を送る。

 

 

 

 

私にとって旅とは

“非日常体験の連続”

 

子供の時ディズニーランドに初めて行った時、めちゃくちゃドキドキとワクワクしました。海外に旅へ行くのって似たような感じだと思うんです。初めて海外に1人旅に行くことを決めた時、行く当日までめちゃくちゃ不安になり、飛行機のチケットを買ったことさえ後悔したくらいです。でも到着してるみ ると、なんとかなるもので、食べ物に、乗り物に、泊まる宿に全てにワクワクしたんです。ただ旅ではトラブルも起きます。このトラブルって普通に生活してたら遭遇しないことで、自分でいろいろ考えて解決しないといけない。だから旅のトラブルも自分を成長させてくれると思うんです。トラブル、ワクワクの溢れる旅が僕は大好きです。

コメントを残す

コメントの掲載には承認が必要です。

カート

カートは空です